Read Article

出雲大社“最強縁結び”観光・見どころガイド! 心を完璧に清めるための歩き方

出雲大社“最強縁結び”観光・見どころガイド! 心を完璧に清めるための歩き方

出雲大社“最強縁結び”観光・見どころガイド! 心を完璧に清めるための歩き方60年ぶりの『平成の大遷宮』で話題の出雲大社!
2013年、出雲大社の遷宮で沸いた島根県。

今年はなんと、高円宮家の次女の典子さまと、出雲大社である千家国麿さんとのご結婚が決定。出雲には『いいご縁』があるんだということで、引き続き多くの観光客が訪れている。

今回は、縁結びでおなじみ、年間参拝者数800万人超の出雲大社の見どころを解説!

ちょっと遅い夏休みに、もしくは秋の行楽シーズンに。女性同士や家族連れ、カップルでも楽しめる島根。今回は出雲大社ヘ、行ってみてはいかがだろうか?

スポンサードリンク

出雲大社はなぜ縁結びの神・福の神と呼ばれるのか

島根といえばまず訪れたい出雲大社。澄んだ空気の中、参道を歩いていると、いつの間にか穏やかな気持になっていく。

樹齢400年の松の参道

勢溜の大鳥居から下り参道を進むと、三の鳥居である松の参道の鳥居があり、樹齢400年を超す松の参道が続いている。

出雲大社といえば縁結びの神・福の神として知られている。

日本最古の歴史書『古事記』によると、大国主大神が、高天原の天照大神に国を譲り、その時に造営された天日隅宮が、始まりだと言われている。

平成の大遷宮により、2013年は国宝御本殿の修造・本殿遷座祭が無事、斎行された。ただし境内・境外の摂社・末社(※神社の境内・境外付近にある小さな社のこと。)の修造は、平成28年まで続く。

拝殿

参拝者のご祈祷が行われ、お祭りやさまざまな奉納行事が行われる拝殿。遷宮による本殿の修造時は、仮殿として大国主大神を祀っていた。

心を完璧に清めるための出雲大社の歩き方

二の鳥居で、勢溜の大鳥居から先が神域

二の鳥居で、勢溜の大鳥居から先が神域

飲食店、土産物店でにぎわう神門通りから、二の鳥居である勢溜の大鳥居をくぐると、そこから出雲大社の神域だ。

日本最大級のしめ縄

日本最大級のしめ縄

重さ4.4トン、日本最大級のしめ縄は、祭典、祈願、結婚式などが執り行われる神楽殿にある。出雲大社の注目スポットのひとつだ。

心身の穣れが清められる祓社(はらいのやしろ)

心身の穣れが清められる祓社(はらいのやしろ)

祓社(はらいのやしろ)に祀られている四柱は「祓戸(はらいど)の神」と呼ばれている。人々が知らない間に犯した穢れを、祓い清めてくれるのだ。

日本中の神さまの宿泊所「十九社」

日本中の神さまの宿泊所 十九社

出雲大社の本殿を囲む水垣の、外側左右に並ぶ十九社。旧暦10月に出雲に集まってくる八百万(やおよろず)の神が、宿泊する社だ。それぞれの社には19の扉がある。

因幡の白ウサギと御慈愛の御神像

御慈愛の御神像

だいこくさまが、皮をむかれたウサギを哀れと思い、「真水で体を洗い、ガマの穂に包まれるとよくなる」と教えた神話の「御慈愛の御神像」。だいこくさまとは、後の大国主大神。

ムスビの御神像

ムスビの御神像

大国主大神が国造りの際に悩み、自身の魂である「幸魂奇魂」と対話をすることで「ムスビの大神」となり、平和な国造りができたという神話の像「ムスビの御神像」。

なでると子宝に恵まれる神馬像

なでると子宝に恵まれる神馬像

本殿に向かう途中にある、青銅で出来た神馬像。なでると子宝に恵まれ、安産になるという民間信仰がある。

本殿裏のウサギ像

因幡の白ウサギ

「御慈愛の御神像」からもわかるように、大国主大神とウサギには、深い関わりがある。
それを受けて本殿裏には、新たにウサギ像が登場している。

出雲大社は二礼・四拍手・一礼!!

出雲大社に参拝するときには絶対に注意しなければならないことがある。

「二礼・二拍手・一礼」の神社がほとんどの中、出雲大社は四拍手が正しい手法だ。

そのほかにも、神社境内では肌の露出は避け、タンクトップやキャミソールなら1枚ジャケットなどを羽織ること。

また、手水舎(ちょうずや)では必ず手を清める。写真撮影は可能かどうか事前に確かめるなど、みんなが気持ちよく参拝できるよう、マナーを守ろう。

出雲大社へのアクセス

住所

島根県出雲市大社町杵築東195

電話番号

0853-53-3100

アクセス

出雲縁結び空港から空港連絡バスで約35分。JR出雲市駅から路線バスで約25分。一畑電車出雲市駅から電車で約25分、その後徒歩7分ほか

出雲大社出雲大社

出雲大社ホームページ

その他の島根・松江の良縁スポット

島根は出雲大社のみならず、歴史が古く美しい神社が数えきれないほどある。

別の記事で島根・松江の良縁スポットをご紹介しているのでこちらも見てみるといいだろう。

東京から島根に行くならサンライズ出雲がベター

サンライズ出雲東京~出雲市間を約12時間かけて走るJRの寝台列車・サンライズ出雲。住宅会社とコラポレーションして作られた内装は落ち着いた雰囲気で、備品も充実している。シャワ一室の利用も可能。それゆえ女性観光客に大人気なので、特に週末は予約が激戦だ。早めの計画で、楽しい旅を実現しよう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top