Read Article

安堂ロイドで木村拓哉が驚愕したCG技術と特殊効果とは?

安堂ロイドで木村拓哉が驚愕したCG技術と特殊効果とは?

安堂ロイドで木村拓哉が驚愕したCG技術と特殊効果とは?スポンサードリンク

『安堂ロイド』のドラマの枠を超えたCGと特殊効果に迫る!
「木村さんのアクションがカッコ良く見えるように」と植田博樹プロデューサーがこだわった激しいアクションなど、ドラマの枠を超えたCGは今作の見どころの一つだ。しかし、CGだけでなくアナログな撮影手法も多用している。

木村の腕を血管まで再現したムチャクチャリアルな腕

10月20日放送の第二話で、ロイドが自ら切り落とした左腕は、CGではなく、木村の腕を徹底的に再現したものだ。

スタッフが運ぶ際は両手持ちで丁重に行われるとか。

特殊メーク担当の松井祐一氏によると、型を取ってから約1週間ぐらいで作るのだとか。なんと指紋もリアルに再現されているという。

本物しか見えないリアルな手!
本物しか見えないリアルな手!

リアルな血のり

リアルな血の表現のためにいくつかの血を用意しているのだという。

メークさんだけでなく、木村自身が血をつけることもあるとか。血の色は時間によって変化することもあるため、いろんなパターンを用意しているのだとか。

場面に応じた血をいくつも用意するというこだわりぶりを見せているのだ。

痛々しさが伝わってくるリアルな血…
痛々しさが伝わってくるリアルな血…

アンドロイドのアクションコントロール

アンドロイドということで銃を持つ手が震えないようにしたり、背面から倒れるときの角度に注意したりと、撮影現場では細かい注意が飛んでいるという。
131026

気になる第三話はどうなる?
第三話では、ロイドが自分の正体を知った七瀬の命を狙うという、驚きの展開を見せる。

第ニ話で柴咲コウ演じる麻陽は、大島優子演じる七瀬に、ロイド(木村)が沫嶋黎士ではないことを打ち明ける。

ロイドは100年先から麻陽を守るためにやってきた“アンドロイド”だということを知り、七瀬は理解できずに激昂して去ってしまう。

そんな中、ロイドは七瀬に真実を話した麻陽を責めて、七瀬を殺すと言って姿を消してしまうのだ。

自分を守ることを任務とするロイドに守られながらも、家中の電気を浪費してしまったりと手のかかることばかりのロイドに嫌気が差した麻陽は、ロイドを破壊しようとチェーンソーを振り回すが、なんとそこで婚約者へのDV容疑で警察に連行されてしまう…。

果たしてロイドはどう動くのか?

第三話も見逃せないのでぜひチェックしておこう。

兄にそっくりなロイドに命を狙われる大島優子こと七瀬の動画

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top