Read Article

『黒子のバスケ』逮捕の脅迫犯が見せた笑顔の奥にある“狂気”とは【画像あり】

『黒子のバスケ』逮捕の脅迫犯が見せた笑顔の奥にある“狂気”とは【画像あり】

『黒子のバスケ』逮捕の脅迫犯が見せた笑顔の奥にある“狂気”とは【画像あり】『週刊少年ジャンプ』連載中のマンガ『黒子のバスケ』を巡る連続脅迫事件で、警視庁は2013年12月15日、威力業務妨害の疑いで大阪市東成区に住む派遣社員、渡辺博史容疑者(36)を逮捕した。

逮捕時に不気味な笑顔を浮かべ、取り調べに対しては「ごめんなさい、負けました」「作者が成功を収めたことに対するやっかみがあった」と供述。

彼は一面識もないマンガ家に、なぜ憎しみを募らせたのか。 その歪んだ笑顔の奥にある狂気とは何か。

高校の同級生「誰も近寄りたがりませんでした」

高校時代の同級生によると、高校を卒業して2~3年経った頃、同窓会の誘いで知人が電話したら『もう、オレにはかかわらないでくれ』と言われたそう。

渡辺博史容疑者学生時代の写真。

渡辺博史容疑者学生時代の写真。

彼はいつも単独行動で、『ワーッ!』と奇声を上げて廊下を走り回ったりしていたので、誰も近寄りたがらなかったのだという。

“狂気”の犯行の全貌

渡辺博史容疑者には昨年10月、『黒子のバスケ』の作者・藤巻忠俊氏の出身校の上智大学に『喪服の死神』を名乗る脅迫文と、硫化水素が発生する容器を置いた疑いがかけられている。

そしてこれ以降、『喪服の死神』から『黒子』の撤去を求める脅迫文が全国の書店やコンビニ、同作のアニメを放送するテレビ局や関連のイベント会場に届くようになり、その総数はなんと約400通にも上る。

今年、2013年の10月にはコンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンの『黒子』関連のお菓子に毒を入れたとする脅迫文が届き、回収された菓子の中から微量のニコチンが検出されるという事件が発生。

これらは、すべて渡辺博史容疑者の犯行とみられている。

大阪市東成区にある渡辺容疑者が住んでいたアパート。地元の不動産屋によると家賃は3万円台だという

大阪市東成区にある渡辺容疑者が住んでいたアパート。地元の不動産屋によると家賃は3万円台だという

スポンサードリンク

消印を変えて捜査を撹乱

渡辺容疑者が投函したとみられる脅迫文の消印は、捜査を攪乱させようとしたのか、東京、名古屋、福岡など全国16ヵ所に及ぶという。

送りつけた脅迫文の数々。

送りつけた脅迫文の数々。

そんな渡辺博史容疑者の逮捕の決め手となったのは、上智大周辺の防犯カメラに映っていた不審な男の映像だったという。

警視庁がマークしていた“白いラインが2本入ったリュックの男”

警視庁は黒地に白いラインが2本入ったリュックの男をマークしていたという。

逮捕当日の朝は、捜査員が大阪駅でよく似た男を発見。

高速バスで東京に向かった男を尾行し、脅迫文を渋谷区内のポストに投函するところを逮捕したのだという。

「誰ともつるまずにいつもノートにマンガを描いていた」

渡辺容疑者の出身は横須賀市(神奈川県)。

知人によると、中学校まではものすごく勉強ができたのだという。

しかし、県下有数の進学校、横須賀高校に進んだ頃からおかしくなった。

誰ともつるまずにいつもノートにマンガを描いていて、人と話すときは独特のイントネーションでワーワーまくしたてるのだそう。

学園祭でロビン・フッドの演劇をしたとき、めったに話さない彼が『長老役をやりたい!』といきなり激しく主張したそうで、変わったヤツだなと思ったそうだ。

将来は『マンガ家かアニメーターになりたい』『声優もいい』などと言っていたが、美術の時間に彼の絵を見た知人によると、お世辞にもうまいとは言えなかったのだそうだ。

母親「ウチの子供は早稲田に行かせるの」

知人によると、渡辺容疑者の母親は『ウチの子供は早稲田に行かせるの』と言っていたという。

しかし、だんだん授業について行けなくなって、大学受験をあきらめた。もともとプライドが高かったから、そこで挫折してしまったのだと思うと語った。

どこから見てもアブない雰囲気

別の知人によると、高校卒業後にアニメ系の専門学校に通ったけれど全然モノにならず、鬱々(うつうつ)としていたという。

2013年の3月頃、実家に帰ってきていた渡辺容疑者を見かけたときは、黒いリュックサックを背負って、ブツブツ独り言を言いながら道を歩いていて、どこから見てもアブない雰囲気だったという。

母親は『息子はまだ独り身なの。早く結婚してほしい』と心配している様子だったという。

12月17日に送検されたときも、渡辺容疑者はなにやらブツブツつぶやき、ニヤニヤと笑っていた。

高校の同級生が「あのときのままだ」と語るその表情は、まさに”異様な”ものだ。

高校時代から変わらずに続いていた“狂気”。立派に矯正し、社会復帰する日は来るのだろうか。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top