Read Article

竹田恒泰と畑山亜梨紗(元AKB48)が熱愛をフライデー!華原朋美とは“ヤラセ愛”だった

竹田恒泰と畑山亜梨紗(元AKB48)が熱愛をフライデー!華原朋美とは“ヤラセ愛”だった

竹田恒泰と畑山亜梨紗(元AKB48)が熱愛をフライデー!華原朋美とは“ヤラセ愛”だった竹田恒泰と畑山亜梨紗の本気愛を激写!
2014年4月上旬、東京・麻布十番で竹田恒泰氏と元『AKB48』畑山亜梨紗が本気愛デートをしている姿が2014年4月18日発売のフライデー誌に掲載された。

誌面では、夜9時、蕎麦店を出てワインバーへ向かう二人の姿や、しっかりと畑山亜梨紗の手を握る竹田恒泰氏がワインバーを出て個室スパへ行く姿が激写されている。本気の恋ならではのムードだったという。

畑山亜梨紗
畑山亜梨紗は現在BABY PRODUCTION所属。2009年AKB48卒業。1991年2月11日生まれ。

スポンサードリンク

華原朋美との”交際”の真実

竹田氏といえば、華原朋美との”交際”が話題になったばかりのはずだが、2014年3月に華原が別れを持ち出す形で、破局している。

実は一番最初に竹田氏との交際をリークしたのは華原朋美本人だった。

2013年秋、『女性自身』のインタビューで竹田氏との関係を突然明かした華原朋美。

華原によると、竹田氏とは2013年夏に番組の共演で知り合い、すぐに意気投合。竹田氏が華原の誕生日をサプライズで祝い、皇室御用達ブランド『銀座タニザワ』のバッグをプレゼントするなど、猛アタックを仕掛けたという報道がなされた。

テレビ局関係者によると、最初は度重なる竹田氏からのアプローチに困惑していた華原も、彼の優しさに心を動かされたそうだったという。

バラエティ番組で華原朋美との仲をいじられてはいたが…
バラエティ番組で華原朋美との仲をいじられてはいたが…

2014年3月、華原朋美から別れを言い渡した

ちょうどこの時期は、華原朋美のコンサートが開催されたということもあって、竹田氏との関係は大きな話題を呼んでいた。

華原自身もイベントなどで竹田氏について「大事な方」と語るなど、交際に前向きな姿勢を示していた。

しかし、2014年3月上旬、華原がこれまた突然、竹田氏との破局を明かした。

家族にも紹介していたというが、バレンタインデー前日に華原から別れを言い渡したのだという。

大手芸能プロ幹部「竹田と華原は、完全に話題作り」

この頃、世間では、竹田氏は華原に猛アプローチ中だと思われていたが、実際はそのウラで、竹田氏は畑山亜梨紗との”真剣愛”を育んでいたというから驚きである。

大手芸能プロ幹部によると、竹田と華原の件は、完全に話題作りだという。

デートくらいはしたかもしれないが、現実には交際などしていないし、竹田も周囲の親しい人たちには華原との関係を否定しているという。

これには華原朋美がうまく利用されてしまった格好だ。

竹田氏母校の慶応大関係者「話題づくりについては昔から天賦の才がある」

竹田氏の母校、慶応大関係者によると、天然なのか計算なのか分からないが、耳目を集める話題づくりについては昔から天賦の才があるというのだ。

“本命”畑山亜梨紗と会う時はメガネをかけない竹田恒泰

竹田恒泰氏は作家、慶應大学講師にして、明治天皇の玄孫、さらにJOC会長の竹田恒和氏を父に持つサラブレッド。

竹田恒泰氏は作家、慶應大学講師。 明治天皇の玄孫としてメディアでも話題に。 JOC会長の竹田恒和氏を父に持つ。
竹田恒泰氏は作家、慶應大学講師。
明治天皇の玄孫としてメディアでも話題に。
JOC会長の竹田恒和氏を父に持つ。

テレビ出演の際はスーツ姿でビシッと決めている竹田氏だが、畑山亜梨紗との本気愛デートを激写された際はジーパン&スニーカーというラフな装いだった。

何よりも、トレードマークともいえるメガネをかけていなかったという。今夜のデートのお相手が気の置けない間柄であることを感じさせるのだ。

老舗蕎麦店から隠れ家ワインバー、高級個室スパ。デートコースも皇室クオリティ

夜9時過ぎ、畑山亜梨紗とともに老舗蕎麦店を出た竹田氏は、商店街をゆっくりと歩き、知る人ぞ知る隠れ家的なワインバーへ向かっていった。

さすがは皇室の血を引く竹田氏だけあって、大人の気品漂うデートコースだといえよう。

そのあと1時間もしないうちにワインバーを出た竹田氏は、そっと畑山亜梨紗の手を握り、タクシーに乗り込む。

そして、向かった先は芸能人御用達の個室式の高級スパ。これは女性ならば誰もが喜ぶであろう完璧すぎるセレクト。

2時間半もの間、たっぷりとスパを堪能した二人。個室で濃密な時間を過ごしたに違いない。

畑山亜梨紗は喜びを隠せない様子でうっとりと竹田氏を見つめていたという。

仲睦まじくタクシーに乗り込むと、夜の街へ消えていったという。

畑山亜梨紗は2009年まで『AKB48』の第5期生として活動

畑山亜梨紗は、元『AKB48』で現在はタレントだ。現在23歳。

2009年まで『AKB48』の第5期生として活動し、卒業後は、女優としてドラマや舞台などに出演していた。

AKB時代の畑山亜梨紗。
AKB時代の畑山亜梨紗。

竹田と畑山が出会ったのは華原との報道の真っ最中

二人を知る関係者によれば、竹田氏と畑山が知り合ったのは、2013年の12月。

ちょうど、竹田氏と華原との交際が取り沙汰されていた真っ最中だ。

華原が自身のコンサートで、ステージ上から「今日は竹田クンが見に来てくれています!」とファンに竹田氏を紹介したばかりの頃だ。

知人に誘われた食事会で知り合った2人

竹田氏の知人によると、二人は、2013年12月上旬に知人に誘われた食事会で知り合ったそうだ。

畑山亜梨紗は華原朋美との交際報道で竹田の名前は知っていたが、どんな人物なのかはほとんど知らないようだったという。

竹田恒泰が畑山亜梨紗に熱烈アプローチ

この食事会で竹田氏は畑山に一目惚れしたそうで、すぐに彼女にアプローチしたという。

以降、二人は頻繁に連絡を取り合うようになり、畑山も竹田氏の優しい人柄に触れ、次第に心を惹かれ、二人は日をあけずにデートを重ねていたという。

畑山亜梨紗の友人「竹田さんから告白」

畑山亜梨紗の友人によると、二人はクリスマスにもデートし、一緒にケーキを食べたと聞いているという。

そして、年末に竹田から告白したそうで、『今日までずっと悩んでいたんだけど、付き合ってほしい』と言われたという。

なんとプロポーズまで! 結婚前提のお付き合い

しかもこのとき、竹田氏は結婚についても言及したという。それだけ本気だったということだ。

畑山亜梨紗の友人によると、実は、畑山亜梨紗はそれまで男性と真剣にお付き合いしたことがなかったのだという。

このとき彼女が、『25か26歳で結婚したい』と夢を語ったら、竹田さんに『じゃあ僕と結婚することになってもいいですか?』とプロポーズされたのだという。

華原と破局する記事をすぐに畑山亜梨紗に報告

華原朋美との”破局報道”によって、華原という足かせが取り払われた現在、竹田氏と畑山の交際にはもはや何の障害もない。

畑山亜梨紗の友人によると、2014年3月に華原朋美との”破局”が報じられたときに、すぐに竹田氏のほうから連絡が来て、そういった記事が載ることを伝えられたのだという。

竹田氏は講演で全国を飛び回っているため、会えない日も多いが、鹿児島の講演には連れて行ってもらったということを彼女は本当に嬉しそうに話していたという。

『このまま彼とゴールインできたらいいな』といつもノロけているそうだ。

事務所の回答

竹田氏の所属事務所は今回のヤラセ愛と本気愛について、竹田本人は独身であり、完全にプライベートなことなので、事務所としては関知していないとの返事。

一方の畑山側は、竹田氏と交際しているとの報告は受けているという。

2014年4月20日放送「たかじんのそこまで言って委員会」に竹田氏が出演

2014年4月18日、大阪・読売テレビで同局「たかじんのそこまで言って委員会」(日曜・後1時30分、関西ローカル)の収録に参加した竹田氏が今回の騒動についてコメントしている。

4月20日放送分の収録で、辛坊治郎キャスター(58)や宮崎哲弥氏(51)から「脇が甘すぎる」などとさっそくネタにされた竹田氏。「お願いですから、そっとしておいてください…」とタジタジだったという。それでも交際そのものは否定はしなかったという。

なお、竹田氏と畑山の交際を知った華原は、かなりのショックを受けているという。

局入りの際には待ち構えた報道陣の問いかけに無言。帰りは別の出口を利用するなど、昨年交際が取りざたされた歌手・華原朋美(39)の時とはまったく違う対応となった。

一方、日刊スポーツでは畑山サイドについて報道。

“話題の人”となったことで、畑山の元にはイベント関連の出演オファーが数件届いたものの、竹田氏がコメントをしていないこともあり、「今のところお断りしています」としている。

華原朋美「本当にがっかり」

華原朋美が4月20日、ブログを更新し、フィリピンで気分転換をしていることを明かしている。

ほぼ毎日更新していた同ブログだが、この日は3日ぶりの更新。

「☆エルニド島☆」のタイトルで、フィリピンに来ていることを報告し、「昨日と一昨日は本当にがっかりしてました。あの出来事はいったいなんだったんだろうね(笑)」「これからエルニド島に行きます。リフレッシュできるといいな」などと綴っている。

今回のブログの内容は、詳細こそ記していないが、今回の件を指していると思われる。

華原朋美にフラれた男というイメージとは裏腹に、実際は”本命”彼女との愛をしっかりと着実に育んでいた竹田氏。このまま畑山亜梨紗とゴールインなんてこともあるかもしれない。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top