Read Article

ヤフコメのステマに要注意―謎の“ヒルナンデスダイエット”の真相&最新ステマ手法を解く

ヤフコメのステマに要注意―謎の“ヒルナンデスダイエット”の真相&最新ステマ手法を解く

ヤフコメのステマに要注意―謎の“ヒルナンデスダイエット”の真相&最新ステマ手法を解くヤフコメ謎の“ヒルナンデスダイエット”の真相
ヤフコメ(Yahoo!ニュースのコメント)欄にはびこるステマに皆さんはお気づきだろうか。

Yahoo!ニュースやR25など人気ニュースサイトのFacebookコメント欄で「ヒルナンデスでやってた●●をやったら●●kg痩せました〜!」と謎のダイエット成功報告をしまくる女性たち。彼女たちの狙いは何なのか。

今回は、心理テクニックを利用したネットのステルスマーケティング最新手法を完全解説する。

このようなFacebookコメントを見たことは無いだろうか?

このようなFacebookコメントを見たことは無いだろうか?

ひたすらダイエット成功アピールをする「名前だけ違う同一人物」

Yahoo!ニュースのFacebookコメント欄でたまに見かける「●●で痩せたよ〜!」と書き込む女性たち。

「◯◯さん結婚おめでとう!(^o^)
そうそう、●●ダイエットやったら6kg痩せたよ〜!おすすめ!」

と、芸能人の結婚のニュースにコメントしつつも、何故かダイエットをおすすめしている。

実はこれはステルスマーケティング(ステマ)と呼ばれるものだ。

西島秀俊結婚を嘆きつつ別アカウントからダイエットをオススメする例も。

ステルスマーケティングとは、消費者に商品を宣伝だと悟られないように商品を宣伝することをいう。

この場合、「●●を実践して痩せたよ〜!」と、いかにも口コミであるかのように商品を宣伝していることがステマに該当する。

その証拠に彼女たちのFacebookアカウントは実在の人物ではなく、プロフィール写真で使われている画像も、ネットでテキトーに拾ってきたものを使用している。

最初から「●●」を宣伝する目的で、ステルスマーケティング用に作られたアカウントなのだ。

名前だけすげ替えられたステマ用Facebookアカウント。 プロフィール写真は、いずれもネット上から適当に拾ってきたものを使用している。 google画像検索によると、右の女性はキム・ジュニという韓国の芸能人の方。

名前だけすげ替えられたステマ用Facebookアカウント。
プロフィール写真は、いずれもネット上から適当に拾ってきたものを使用している。
google画像検索によると、右の女性はキム・ジュニという韓国の芸能人の方。

google画像検索をしてみた結果。一般人のブログから無断で画像を使用していることが分かる。

google画像検索をしてみた結果。一般人のブログから無断で画像を使用していることが分かる。

しかし、このヤフコメを利用したステルスマーケティング手法は、もっと巧妙な手法を取っていた。

スポンサードリンク

『ヒルナンデスでやってた「●●」ダイエット』は存在しない

彼女たちのFacebookアカウントが実在しない人物であることはすでに述べたが、実は彼女たちが挙げている「●●」ダイエット自体が、実は存在しないのだ。

いったいどういうことなのか。

別のダイエットサービスを買わせることが目的

彼女たちの一連のステルスマーケティング手法はこうだ。

Yahoo!ニュースサイト上で『「●●」ダイエットで痩せたよ〜!』という発言を見たユーザーに「●●」を検索させる

「●●」ダイエットという架空のダイエット手法のページにアクセスさせる

ページ内では
『「●●」ダイエットこと「××」ダイエット』
『「●●」ダイエットとも呼ばれる「××」ダイエット』

という表記を用いて、「××」ダイエットの商品ページに誘導する

という流れだ。

つまり、本当に販売したいのは「××」ダイエットなのだ。

「スパナチスリム」こと「HSD(ヒューマンストイックダイエット)」という記述。 本当に売りたいのはもちろん「HSD(ヒューマンストイックダイエット)」だ。

「スパナチスリム」がオススメされていたので検索して辿り着いたまとめサイト。
「スパナチスリム」こと「HSD(ヒューマンストイックダイエット)」という記述が。
本当に売りたいのはもちろん「HSD(ヒューマンストイックダイエット)」だ。

ユーザーに架空の商品名を検索させる理由

それでは、ユーザーに架空の「●●」を検索させる理由はなんなのか。

理由は大きく2つある。

ひとつめは、ステルスマーケティングと追及されることを逃れるためだ。

最初から「××」ダイエットのページに誘導してしまったら、「××」ダイエットの販売者がステルスマーケティングと追及されてしまう恐れがある。

そこで、「●●」ダイエットという架空の商品のページを挟むことで、『「●●」と「××」は無関係』と言い逃れができるようになるのだ。

「××」ダイエットの販売者に追及しても、「そのページは第三者が勝手に作ったもので当社はまったく関知していない」と言い張るだろう。

実際には、利害関係のある広告代理店などがチマチマとこの手法をやっているケースもあれば、アフィリエイターが一方的にやっているケースもあるので、一概に「××」ダイエットがステマに加担しているとは言えない。

ユーザーに架空の商品名を検索させるもうひとつの理由は、検索結果を独占するためだ。

誰も知らない架空のデタラメな商品名を設定すれば、当然その商品に関しての情報を知っている人は他に誰もいないので、Googleの検索結果を自分自身が作ったコンテンツで独占することができるのだ。

心理テクニックを利用した高度なステルスマーケティング手法

彼女たちがYahoo!コメント欄で行うステルスマーケティング手法には特徴がある。

それは、「コメント欄にURLを貼り付けていない」ということ。

普通であれば、「このダイエットやったらむっちゃ痩せた〜!!ここ見てみて!→URL」というふうにコメント欄にURLを直接書き込めば、直接商品の情報ページに飛ばせるし、購入させることもできる。

しかし、彼女たちはそれをやらない。

自らの手で調べさせることで商品への興味を倍増させる

彼女たちの狙いは、そのダイエット名を「自ら検索させること」が目的だ。

Yahoo!ニュースのコメント欄を見て、そのキーワードを気になった人に、自ら検索をさせようとしているのだ。

これにより、直接商品ページのURLを貼るよりもページにアクセスする人数は減ってしまうが、検索したユーザーは情報を探しているうちにどんどんその商品が欲しくなってきてしまう(一貫性の法則と呼ばれる)ので、“濃い”見込み客になるということだ。

さらに、商品ページへのURLを貼らないことにより、「いかにもステマ」的な印象を軽減し、口コミらしさを倍増させる効果もある。

このように、「コメント欄にURLを貼らない」だけで、2つの心理効果が働くことを予め狙っているのだ。

実際に検索すると…自作自演コンテンツの嵐

2015年1月現在も、このステルスマーケティング手法は継続中であり、つい先程も「スパナチスリム」なるダイエットが熱いというコメントがYahoo!ニュースのコメント欄で発見できた。

「『ヒルナンデス』でやってた」という言葉が多用されるのは、ヒルナンデスが平日の日中に毎日放送されており、1コーナーでチラッと話題になった程度では真偽が確認がしづらいからだ。

「『ヒルナンデス』でやってた」という言葉が多用されるのは、ヒルナンデスが平日の日中に毎日放送されており、1コーナーでチラッと話題になった程度では真偽が確認がしづらいからだ。

それでは彼女たちが痩せたという「スパナチスリム」を実際に検索してみよう。

検索すると、「スパナチスリム」の公式サイトのほか、「スパナチスリム」についてのNaverまとめ記事、ユーチューブの映像、Yahoo!知恵袋内の質問などが登場する。

これらは全て「スパナチスリム」が本当に存在すると思わせるための自作自演コンテンツだ。

「スパナチスリム」の検索結果。ほとんど自作自演コンテンツで占められている。 「スパナチスリム」が本当に存在するのか心配になった人がYahoo!知恵袋で質問しているページも混じっている。

「スパナチスリム」の検索結果。ほとんど自作自演コンテンツで占められている。
「スパナチスリム」が本当に存在するのか心配になった人がYahoo!知恵袋で質問しているページも混じっている。

どのコンテンツも「スパナチスリム」が本当に存在するとしか思えないような、ユーザーが実際に試して効果があることを説明するようなものだ。

一番上にある公式ページらしきものにアクセスすると、

「スパナチスリム」こと「HSD(ヒューマンストイックダイエット)公式販売ホームページ」と呼ばれるダイエット手法…ということで「ヒューマンストイックダイエット公式販売ホームページ」のページへ誘導される。

「スパナチスリム」のトップページ。 さっき作りましたといわんばかりの簡素なブログレイアウトだ。

「スパナチスリム」のトップページ。
さっき作りましたといわんばかりの簡素なブログレイアウトだ。

スパナチスリムとは? というページだが、内容はHSD(ヒューマンストイックダイエット)への誘導だ。

スパナチスリムとは?
というページだが、内容はHSD(ヒューマンストイックダイエット)への誘導だ。

「スパナチスリム」を検索したユーザーのゴールは、「HSD(ヒューマンストイックダイエット)」を購入することだということは間違いないだろう。

「彼女」たちはなぜステマの場にYahoo!ニュースのFacebookコメント欄を選んだのか

彼女たちがYahoo!ニュースのFacebookコメント上でステマを行う理由は2つある。

ひとつめは、Yahoo!ニュースに大量のPV(ページビュー)があることだ。

Yahoo!のトップページは1日に2億PVとも言われており、当然トップページに掲載されているYahoo!ニュースそれぞれの記事へのアクセスも膨大だ。

さらに彼女たちがステマを行うのは、数あるYahoo!ニュースの中でも注目度の高い芸能人の熱愛だったり結婚など、いわゆる“トレンド”の話題。

解散総選挙や経済関連のニュースに「このダイエットで痩せました」と書いても、ダイエットに興味がある人はそんなに読んでいないと思われるため、書き込まない。

つまり彼女たちはネット上で最も人目が触れるといっても過言ではないメディアとネタをしっかりと選んだ上でステルスマーケティングを行っているのだ。

ふたつめは、Facebookが実名制であることで、コメントに信用を作れることだ。

彼女たちは匿名のコメント欄は使わず、Facebookコメント欄を使用している。

これは言わずもがな、Facebookのコメント欄は「実名制」だからだ。

Facebookコメント欄でコメントするだけで、匿名ではなくなるため、発言に責任が生まれ、信用されやすくなるのだ。

架空アカウントのステマコメントに一般の方が絡んでしまった例。 このように、パッと見では判別できない。

架空アカウントのステマコメントに一般の方が絡んでしまった例。
このように、パッと見では判別できない。

もっとも、Facebookアカウント自体は架空なのだが、わざわざFacebookアカウントをクリックしない限りは気づかないだろう。

以上が、Yahoo!ニュースのFacebookコメント欄を選んでいる理由だ。

パッと見「ステマ」と気づかない、コメントのうまさ

しかも、彼女たちのコメントは巧妙で、流し読みをしていたらステマだとは気づかない。

ただ単に商品を告知したいのであれば、Yahoo!ニュースのすべての記事に「●●を使って痩せました〜!」とだけ書いたらいいが、これでは露骨過ぎてバレてしまう。

そこで彼女たちは、「ニュースの感想」+「商品の告知」を巧妙に組み合わせているのだ。

一行だけニュースのコメントを書くことにより、ぐっとステマ臭が消えているのがわかる。

一行だけニュースのコメントを書くことにより、ぐっとステマ臭が消えているのがわかる。

中には、別に作成したアカウントとYahoo!ニュースコメント上で会話をして、口コミっぽさをアップさせるという高等テクニックを使用している。

架空のアカウント同士で交わされる自作自演の会話。 パッと見なら、ステマとは気づかない。

架空のアカウント同士で交わされる自作自演の会話。
パッと見なら、ステマとは気づかない。

以上のように、ネット上では普段私達が使うサービスのすぐそばでも、巧妙なステルスマーケティングが行われている。

ほしい商品の口コミをネットで探してみたら、口コミのすべてがヤラセだった、ということもありえるのだ。

口コミが全てまったくマイナス面に触れられていなかったら、疑ってかかるべきかもしれない。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

No commented yet.

  1. […] ルスマーケティング(ステマ)と呼ばれるものなのです。 [紹介元] ヤフコメのステマに要注意―謎の“ヒルナンデスダイエット”の真相&最新ステマ手法を解く | こくまろトレンディ […]

  2. […] こくまろトレンディ[…] 彼女たちの狙いは何なのか。 [引用元] ヤフコメのステマに要注意―謎の“ヒルナンデスダイエット”の真相&最新ステマ手法を解く | こくまろトレンディ […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top