Read Article

ガセリ菌sp株ヨーグルトに驚愕の健康効果!いつ食べるべき?ヒト由来の最強「善玉菌」の正体

ガセリ菌sp株ヨーグルトに驚愕の健康効果!いつ食べるべき?ヒト由来の最強「善玉菌」の正体

ガセリ菌sp株ヨーグルトに驚愕の健康効果!いつ食べるべき?ヒト由来の最強「善玉菌」の正体ガセリ菌SP株はいったい何が凄いのか
季節の変わり目で必ずといっていいほど風邪をひいてしまう…

それは免疫力が低下している証拠だ。

免疫力を高めるためには、を健康にしておくことが何よりも大事だ。

小腸は体全体の約7割の免疫細胞が集まる最大の免疫器官であり、腸自体に体全体の調子を管理する働きがあることが分かっている。

食生活の乱れなどで、腸内が悪玉菌に占有されてしまうと、体のあらゆる不調の原因になってしまうのだ。

善玉菌である乳酸菌を摂取することで腸を整えることが免疫力を高める必須条件。

ガセリ菌SP株はほかの乳酸菌とは異なり、ヒト由来の乳酸菌なので、腸に長くとどまり大活躍してくれるのだ。

腸内環境を改善することは、免疫力アップから美肌まで、体のあらゆることに関係してくる。

今回は、ガセリ菌SP株のいったい何が凄いのかを解説する。

ガセリ菌SP株が腸の健康を助け、免疫力を活性化する

日本人の腸は欧米人の腸よりも約1.3倍長いことをご存じだろうか?

長い腸は、穀物や野菜の食物繊維をゆっくり消化するのに適している。

一方、短い腸は肉類が多い食事で増えがちな悪玉菌や発がん性物質を素早く体外に排出するのに都合よくできているのだ。

日本人の食生活が欧米化し、また昨今の糖質制限ブームもあり、肉を毎日のように食べる人が増えてきたが、私たち日本人の腸は昔と同じく長いままなのだ。

近年日本で大腸ガンなどの疾患が増えているのは、肉食の増加により、腸の中に有害物質が長時間とどまり、悪玉菌が爆発的に増加してしまうことが原因の一つだとも言われている。

腸を健康に保つためには、悪玉菌よりも乳酸菌などの善玉菌が優勢な状態を作り上げておくことが大事なのだ。

「生きたまま腸に届く」乳酸菌を選ばないと意味がない

ではヨーグルトで乳酸菌を取ればいいんでしょ、と思ってスーパーに行ってみると、驚くほど多くの製品が並んでいる。

乳酸菌なんかみんな一緒でしょ?

といって値段やパッケージで選ぼうとするのは間違いだ。

乳酸菌には3つのタイプがある。

一つはヨーグルトやチーズそのものを作る「酪農乳酸菌」

この乳酸菌は胃酸などに弱く、生きたまま腸に届くことはないと言われている。

2つ目は漬け物などに含まれる植物由来の乳酸菌だ。

これは生きたまま腸に届く乳酸菌だが、本来人間の腸に住んでいない菌のため、さっさと短時間で通り過ぎてしまうのだ。

3つ目はもともと人の腸に住んでいる乳酸菌

生きたまま腸に届き、長くとどまることができる。

効果を実感したいなら、この3つ目の乳酸菌を選びたいところだ。

そこで今、熱い視線を集めているのがガセリ菌SP株というわけだ。

ガセリ菌はもともと人の小腸に住んでいた菌なので腸に長くとどまり、腸内環境を整えることが知られている。

腸が正常に働き、毎日自然なお通じがある状態が続くと、肌のトラブルは改善されていくのだ。

スポンサードリンク

インフルエンザウイルスに対する防御&回復機能を高める驚愕の試験結果

ガセリ菌効果は整腸や美肌だけにとどまらない。

免疫力を高め、インフルエンザを予防、もし罹患しても軽減する効果があることがマウスを使った研究で明らかになったのだ。

ガセリ菌SP株を与えたマウスと与えていないマウスにH1N型インフルエンザウイルスを感染させたところ、ガセリ菌を摂取していたマウスのほうが生存率が高くなったのだ。

また、肺組織を調べたところ肺組織内のウイルス量と、炎症がガセリ菌を与えたマウスのほうが低いことがわかった。

口から与えられたガセリ菌が腸管から、かなり離れた肺の免疫機能を調整し、インフルエンザウイルスに対する防御機能を高めていることが予想され、専門家たちの間で大きな話題になっている。

ただし、ガセリ菌SP株に頼りすぎてはいけない。

免疫力は個人差があるうえ、食生活などの条件にも左右される。

規則正しい生活と正しい予防法も忘れずに行うのがよい。

肥満や生活習慣病にも有効なガセリ菌SP株

33歳から63歳までの87人にガセリ菌含有ヨーグルトを12週間摂取させたところ、内臓脂肪、皮下脂肪、ウエストなどに明らかな減量結果が見られたという研究結果がある。

内臓脂肪がたまる原因は過食のほか、運動不足、ストレス、男性ホルモンが関与している。

閉経後の女性ホルモンの分泌が急激に減る時期に女性のおなかまわりが出てくるのは男性ホルモンの影響だ。

また、女性の社会進出に伴い生活様式が変化したことで男性ホルモンの分泌が増えている人も多い。

内臓脂肪を減らす対処法は、運動、食事に気を使う、夜更かし、酒、たばこをやめること。

運動の大切さは分かっていてもなかなか時間が取れない人も多い。

そこで強い味方になってくれるのがガセリ菌SP株入りのヨーグルトだ。

つらい生活を強いるダイエットは長続きしない。

今の食事量を1割減らしてその分ヨーグルトをプラスするのがよい。

比較的低カロリーなうえに、整腸作用で便通が良くなり、体が軽くなるのが実感できる。

ガセリ菌SP株にはこのほかにも体の老化の原因を抑制する効果が報告されている。

さっそくガセリ菌SP株ヨーグルトを毎日の生活に取り入れて軽やかに若返ろう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top