Read Article

石田エレーヌが夫と離婚!原因は旦那の収入への不満か

石田エレーヌが夫と離婚!原因は旦那の収入への不満か

石田エレーヌが夫と離婚!原因は旦那の収入への不満か石田エレーヌアナ、結婚2年の記念日に離婚
日本テレビの石田エレーヌアナウンサー(31)が、2014年4月1日に夫のIT会社社長・A氏と離婚した。

夫妻は2012年4月1日に結婚。4月1日は結婚2年目の記念日だったこともあり、報告を受けた友人の中には「エイプリルフールの冗談」だと思った人もいたそうだ。

石田エリーヌ
2012年からわずか2年間の結婚生活となった

離婚原因は「旦那の収入」と「旦那の女遊び」

離婚の大きな原因は、2014年3月に週刊誌で報道された「夫の収入」への不満と見られている。

夫のA氏が社長を務めるIT会社は、ビルの一室で細々と運営する小さな会社だそうで、エレーヌは周囲に「彼の名前じゃローンも組めない」と冗談めかして漏らしていたことが明らかになっている。

また、A氏は新会社の立ち上げで多忙を極めたこともあり、次第に家庭をかえりみなくなったようで、もともと激しかった女遊びも復活したと報道。

「週刊ポスト」では、石田アナの知人の話として、石田アナが、マンションのローンが自分の名義で組まれていることなどから、「子供も生まれたし、このままじゃ生活できない」と周囲に漏らしていた…としていた。

スポンサードリンク

石田エレーヌの結婚から出産、離婚までの経歴

2012年4月に1歳年下のIT会社社長・A氏と結婚

 “恋多き女”として知られていた石田エレーヌアナ(旧姓・葉山)は、2012年4月1日に1歳年下のIT会社社長・A氏と入籍。2日後の4月3日には司会を務める「スッキリ!!」内で結婚を報告している。

お騒がせアナ卒業を宣言

結婚を機に石田エリーヌアナはコメントを発表。

仕事に対して一層の精進を約束し、「自分が発したことが、私だけの責任じゃないっていう気になってきたので、言葉の1つ1つとか、行動1つ1つに、きちんと大人の自覚を持って、しっかりしていかなきゃいけないなということを、今まで以上に思うようになりました」と、“お騒がせアナ”卒業を約束していた。

2012年6月に葉山エレーヌから石田エレーヌへ改名

結婚後もしばらく「葉山」エレーヌアナウンサー(当時29歳)を名乗っていたが、2012年の6月1日から、夫の姓である「石田」を名乗り、「石田エレーヌ」として、司会を務める「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)などに出演。

2012年9月に妊娠

石田エレーヌは、2012年9月に妊娠を発表。

2012年9月24日に、司会を務める同局系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)のエンディングで、「私ごとで恐縮ですけれど、新しい命を授かりまして…」と幸せいっぱいに報告。当時妊娠5ヵ月で、19週になったところだった。

一緒に司会を務める加藤浩次やテリー伊藤から体調を気遣われる一幕もあった。

出産予定は2013年2月の中旬とし、「それまでは仕事を続けていきますし、出産した後も仕事に戻りたいと思っていますので、よろしくお願いします」と、アナウンサーとして変わらず活躍していくことを宣言していた。

2012年11月に産休へ

石田エリーヌは2012年11月30日、レギュラー出演する同局系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)を持って産休に入った。

司会の極楽とんぼ・加藤浩次やテリー伊藤から花束を渡されると、「長らくお世話になりました。5年間、貴重な経験をさせていただきました。クビにならずに番組を続けられたのは幸せなことでした」と感謝の言葉を告げていた。

この日は、歌手アンジェラ・アキ(35)がスタジオに駆けつけ、“ママの先輩”として生歌を披露し、石田アナを感激させる一幕もあった。石田アナの後任は、杉野真実アナ(22)が務めている。

2013年2月に出産

2013年2月1日午前、都内の病院で第1子となる男児を出産。

石田エリーヌ
産休前最後の同番組では、「一段落したら仕事に戻ります」と、出産後も仕事を続けることを明言していた。

2014年3月に別居報道

出産から1年経った2014年3月、週刊誌で夫との別居が報じられた。

報道によると、3連休初日だった3月21日の春分の日、石田アナはベビーカーを押して散歩をするも、A氏の姿はナシ。

その他の日も、石田アナが実母とともに愛息を連れて外出することはあったが、A氏が一緒にいることはおろか、自宅に出入りする姿すら見られなかったという。

A氏は現在、IT会社の社長を務めているが、知人によると会社はビルの一室で細々と運営する小さな会社で、エレーヌは周囲に「彼の名前じゃローンも組めない」と冗談めかして漏らしていたとか。

そんなA氏を同誌が目撃したのは、石田アナの自宅マンションから徒歩わずか15分の距離にあるタワーマンションでのこと。仕事を終えたA氏は同タワーマンションに帰宅し、翌朝は同所から職場に向かったそうで、「ここが彼(A氏)の新しい自宅なのか?」と報じている。

このときの石田アナへの直撃取材で別居や離婚の質問を投げかけても「すみません。プライベートなことにはお答えできないので」と、同じ答えを繰り返すのみだった。

2014年4月1日の結婚記念日に離婚

石田アナとA氏の別居報道では、石田アナがA氏の収入に冗談めかしながら不満を訴えていたことや、新会社を立ち上げたA氏が多忙を極め、家庭をかえりみなくなったと伝えられていた。

4日付のスポーツニッポン、スポーツ報知によると、日本テレビ総合広報部は取材に対し、「社員個人のプライバシーに関するご質問にはお答えしておりません」とコメントしている。

恋多き女と知られ、多くの男を見てきた石田エリーヌにとって、夫の存在は情けないものになってしまったのだろうか。

せっかく授かった男児のためにも、離婚は避けて欲しかったと思うのだが…。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top