Read Article

能年玲奈『のん』の由来―なぜ改名?所属事務所が存在しない恐ろしさの理由

能年玲奈『のん』の由来―なぜ改名?所属事務所が存在しない恐ろしさの理由

能年玲奈『のん』の由来―なぜ改名?所属事務所が存在しない恐ろしさの理由誰がいつどこで何で「のん」にした
NHK朝の連続ドラマ小説『あまちゃん』で一世を風靡した能年玲奈。

映画などでも活躍し、順風満帆な女優人生を歩むかと思いきや、突然、独立・引退騒動が勃発。一転して姿を見ることがなくなった。

今回、芸名を「のん」に改め芸能活動を再開した能年玲奈。

なかなかに突拍子もない名前である。

今回は、なぜ、いつ、どうやって「のん」になったのかをまとめた。

renaとか名字を変えることも考えた

「のん」の由来については、2016年7月15日に発売されたフライデー誌が詳しい。

本人曰く、芸名を改めて活動することにあたり、renaだけにするとか、名字を変えることも考えたという。

しかしどれもしっくりこず、思いつくままに候補を箇条書きにしていった結果、「のん」が出てきたのだという。

簡単で、響きがよくて、さらに「のん」を英語の小文字で書くと「non」になり、笑ってる顔文字みたいになるので気に入ったのだとか。

結果、一番気に入った「のん」で行こう、ということになったのだ。

ここで重要なのが、芸能人の改名という大事件にも関わらず、本人が自由に決めていたということだ。

「のん」だと検索しにくくなる…とか、辻希美やフットボールアワー岩尾望と愛称が被るとか、ニコニコ動画で結構人気の絵師の名前と被るとか、そういう大人の事情は一切考えてないのだ。

所属事務所が無いということは、これだけフリーなのだ。

スポンサードリンク

2016年7月上旬に「のん」に決定

本人曰く、「のん」に決めたのが2016年7月上旬だという。

「家族に話しておこう」と思って、「のんになります~」と告白したところ、母の反応が「かわい~」という反応。楽観的すぎて気が抜けてしまったそう。

復帰後はアーティスト色が強い活動になりそうなので違和感なし?

芸能ライターによると、能年玲奈ことのんは、復帰後について『絵本を出したい』『ギターで曲を作りたい』『頭の中にあるものを、ものづくりで放出していきたい』などと語っているという。

つまり、芸能活動よりも創作活動を意識した名前だといえるのだ。

何だか、「お、おう…」と言いたくなってしまうような今回の突然の改名宣言。

能年玲奈さん改め、のんさんの今後の活躍を…精一杯お祈りしたい。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top