Read Article

宇津井健さん訃報の追悼コメントまとめ【俳優・女優・渡鬼出演者ほか】

宇津井健さん訃報の追悼コメントまとめ【俳優・女優・渡鬼出演者ほか】

宇津井健さん訃報の追悼コメントまとめ【俳優・女優・渡鬼出演者ほか】俳優・宇津井健さんが14日午後6時5分、慢性呼吸不全のため亡くなった。82歳。

宇津井さんの生前の意向により、通夜・告別式は身内と親族のみで執り行い、後日「お別れの会」が開かれる。

東京都出身の宇津井さんは、大学在学中の1952年(昭27)に俳優座養成所に第4期生として入団。53年の映画「思春の泉」で主演を務めた。

54年、新東宝に入社し、若手スターとして活躍。65年から71年まで放送されたTBS系ドラマ「ザ・ガードマン」などで人気を集めた。

その後、山口百恵さんと共演した「赤い疑惑」や「赤い運命」など、“赤いシリーズ”で正統派二枚目俳優として活躍。

最近では、TBS系ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の第8シリーズ(06年)から、亡くなった藤岡琢也さんに代わり、岡倉大吉役を務めた。

宇津井健

東映制作の超大作『新幹線大爆破』では、国鉄の運転司令長をクールに演じた。

1年ほど前から肺気腫を患っていた

宇津井さんは1年ほど前から肺気腫を患い、信頼を寄せる医師が名古屋にいたことから、自宅のある東京と名古屋の知人宅を行き来していた。

知人宅には、酸素吸入器具など、治療に必要なものをそろえ、体調が悪い時は医師の往診を受けていた。

仕事が一段落した2月から知人宅に滞在しており、特に体調が悪いということはなかったが、3月13日に「呼吸が苦しい」と体調不良を訴え、14日午後6時5分、駆けつけたフジテレビ社員の一人息子ら家族に見守られて息を引き取ったという。

所属事務所社長は、1週間ほど前に電話で話した時は普段と変わりがなく、「近いうちに励ましに行こうと話していた」と言い、「肺気胸の克服に向けて体力づくりもしていたのに」と急な死を悼んだ。

スポンサードリンク

各界から訃報にショックの声

藤原紀香「手が震えて…」

藤原紀香
女優・藤原紀香(42)は自身のブログを更新しコメント。

「まだ、信じられなくて…」とのタイトルでブログを更新し、「とても身近な、尊敬する人生の先輩が他界してしまいました。まだ気持ちの整理がつかず、涙が止まらず、この文を書く手も震えています」と綴り、「もう少し時間をください」とショックの大きさをうかがわている。

紀香は宇津井さんの所属事務所の後輩にあたる。

2010年のNHKドラマ「チャンス」で共演し、自身のフェイスブックに宇津井さんとの2ショット写真を掲載し、「俳優として、人として、大尊敬しています」などと綴っていた。

笹野高史「私にとって、永遠に、ヒーローだ!!」

笹野高史
また、2003年のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」や、2009年の「天地人」などで宇津井さんと共演した俳優・笹野高史(65)もツイッターで「スーパージャイアンツ!!宇津井健氏が亡くなられた!私にとって、永遠に、ヒーローだ!!」とツイート。

宇津井さんが主演した特撮映画シリーズのタイトルを挙げて悼んだ。

三浦友和「ただただ驚いているばかり」

三浦友和
TBS系「赤い疑惑」など、“赤いシリーズ”で宇津井さんと共演し、自身の結婚式では仲人も務めてもらった三浦友和(62)は、3月15日付のスポーツ各紙にコメントを寄せている。

三浦は、昨年夏に関係者から宇津井さんの体調がすぐれないことを聞いていたそうだ。

「昔から健康に気をつけておられた方ですから、今回も一時的なものだろうと思っていました」「こんなに悪かったとは知りませんでした。突然の悲報を耳にして、ただただ驚いているばかりです」とショックを隠し切れない様子だ。

仲代達矢「俳優座で私1人が取り残されてしまった」

仲代達矢
一方、俳優座で同期だった仲代達矢(81)は、公演先の岡山で訃報を知った。

「先ほど聞いたばかりでショックです。彼とは3年間一緒に勉強した同期生で、60年間の付き合いでした。同期生で親友だった佐藤慶、中谷一郎に続いて宇津井も亡くなり、私1人が取り残されてしまった」と悲嘆にくれ、「今、訃報を聞いてから『健坊、健坊』と心の中で叫んでいます」「非常に明るいやつで、私よりずっと長生きすると思っていた」と偲んだ。

「渡鬼」シリーズプロデューザー・出演者もコメント

TBS系ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の出演者・スタッフたちも悲痛な声を上げている。

特に“渡鬼ファミリー”は14日、赤木春恵(90)の卒寿を祝おうと集合していた。そのこともあってショックは隠し切れないようだ。

宇津井さんは「渡鬼」に、体調不良で降板した藤岡琢也さんに代わって、2006年2月から岡倉大吉役を演じていた。その藤岡さんも慢性腎不全のために同10月に帰らぬ人となっている。

「渡鬼」石井ふく子プロデューサー「『残念』なんて言葉は通り越しています」

石井ふく子
「渡鬼」シリーズの石井ふく子プロデューサー(87)は、TBSを通じてコメントを発表。

出演当時、妻・友里恵さんが闘病中で、石井さんは収録のたびに宇津井さんに手作り弁当を差し入れていたこともあったとか。

宇津井さんと最後に会ったのは2013年12月。石井さんは「通院はされていましたが、スポーティーな格好で颯爽とされていて、療養中という印象はありませんでした」という。

その後も時々、電話で話していたが、最後の会話は宇津井さんの「また『渡る世間は鬼ばかり』をやる時までには元気になりますから」という力強い言葉だったという。

石井さんは「ここ2、3日のうちにお悪くなられたようです。藤岡さんの後に大吉役を快く引き受けていただいた時、初めて会う5人姉妹から『お父さん、お帰りなさい』と声をかけられ、緊張がほぐれた時の宇津井さんの表情がとても印象的で今でも忘れられません。私の心の中には宇津井さんの笑顔がしっかりと残っています。『残念』なんて言葉は通り越しています」と綴った。

赤木春恵「紳士という言葉が何よりふさわしい方でした」

赤木春恵
小島キミ役を演じた赤木は、「『赤いシリーズ』をはじめ、ご一緒させていただいた日々を忘れることはありません。紳士という言葉が何よりふさわしい方でした」と、芸能界の戦友の死を悼んだ。

また、長女・弥生役の長山藍子(72)は、信じられない思いで今、涙の出るいとまもない」、3女・文子役の中田喜子(60)は、「体調管理をしっかりしていらしたのに、本当にショックです。スタジオで体調管理のためトレーニングをされていて、私もやらなくてはと思いました」、4女・葉子役の野村真美(49)は「今は、ただただショックで言葉がありません。まだ信じられません。宇津井さんとはトレーニング話をしたり、お会いすると必ず声をかけて下さいました。人間的に尊敬出来る素晴らしい方でした。心から冥福をお祈りします」と、それぞれ追悼コメントを発表。

藤田朋子「宇津井パパ…。まだまだ話したいことあったよ」

藤田朋子
さらに、五女・長子役の藤田朋子(48)はツイッターで、「信じられない。信じられない。宇津井パパ…。まだまだ話したいことあったよ…。さよならな言いたくない。ねぇ。信じられないよ!(原文のまま)」と整理のつかない心情をあらわに。

仲間由紀恵「いまだに信じられません」

仲間由紀恵
日本テレビ系「ごくせん」シリーズと、舞台「ナツひとり-届かなかった手紙-」の両作で宇津井さんの孫娘役を演じた仲間由紀恵(34)は、「あまりに突然の訃報に接し、大変驚き、いまだに信じられません。舞台の公演があれば差し入れをいただいたり、お互い別の作品で偶然同じスタジオにいた際は、『孫の顔を見に来ました』と、わざわざこちらまで会いに来てくださったり…。ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。まだまだ教えていただきたいことがたくさんありましたのに、残念でなりません」と“祖父”の死を悼んだ。

金子賢「宇津井さんのような素晴らしい役者になれるように、これからも頑張ります。」

金子賢
同じく「ごくせん」シリーズで、宇津井さんの“子分”を演じた金子賢(37)は、「いつか僕も宇津井さんのような素晴らしい役者になれるように、これからも頑張ります。今まで本当にありがとうございました」とコメント。

坂上忍「わたしの最初の、父親役をやってくださった方」

坂上忍
日本テレビ系「たんぽぽ」シリーズで共演した坂上忍(46)は、3月14日付のブログで、「宇津井健さん…わたしの最初の、父親役をやってくださった方です。ちょっと、まだ、実感が沸かないので…」とショックの大きさをうかがわせ、「とっても、ストイックな方でした。稽古場に入ると、上半身裸でエキスパンダー。台本は、持たない。だって、全部入ってるから。準備は、全て自宅で済まし…。現場で準備の姿を見せることはない。気遣いは、ハンパない。偉そうぶることなんて、ない。若かりし頃は存じ上げませんが、【悪さ】が微塵も結びつかない方…というのが、わたしの勝手な肌で感じた印象」と、その人柄を紹介。

そして、「『しーぼー』って、呼ばれてました。『しーぼー』…です。心より、ご冥福をお祈り申し上げます」と悲しみに浸った。

あまりにも突然だった日本のお父さん「宇津井健」の訃報。ご冥福をお祈りします。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top