新井美羽

『おんな城主 直虎』子役・新井美羽の演技はなぜあんなに圧倒されるのか

新井美羽について熱く語ります 『おんな城主 直虎』では、大河ドラマとしては異例の初めの4話を主人公の幼少期に費やしている。 脚本を担当した森下佳子氏によると、普通のお姫様とはまったく違う波乱万丈な直虎の生き方に説得力を持たせるために、幼少期を詳しく描くことが必要だったという。 子役時代の大役を任されたのは、おとわ役の新...

にゃんけい のん

『おんな城主 直虎』茶トラの猫の正体―“にゃんけい”こと“のん”です!

南渓和尚(なんけいおしょう)が抱っこしている可愛すぎる猫の正体は? NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出演中の猫がかわいいと評判だ。 小林薫さんが演じる南渓和尚がいつも抱っこしている茶トラの猫。 じつは今あちこちから「かわいい!」という声をいただいている話題の猫なのだとか。 #南渓 さんwith #ネコ ♪ 南渓さ...

森下佳子

『おんな城主 直虎』脚本・森下佳子氏が今の大河ドラマに思うこと

脚本は『ごちそうさん』の人 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の脚本を担当するのは、ヒットメーカーの森下佳子(もりした よしこ)氏。 1971年大阪生まれで連続テレビ小説『ごちそうさん』で第32回向田邦子賞/第22回橋田賞を受賞するなど、ドラマや映画でヒット作を手がけ、人物描写に定評のある脚本家だ。 森下氏は、柴咲コ...

おんな城主 直虎

おんな城主は実は男だった―大河ドラマ時代考証担当者も揺れる井伊直虎の正体

直虎は女か男か 大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、柴咲コウ演じる主人公・井伊直虎。 戦国の世に「女城主」として直虎という男性の名前を名乗り、井伊家の再興に努めた女性―。 そう、女性である。 しかし、これまで女性として知られてきたが実際の直虎は「おんな城主」ではなく男だという説が浮上。 おんな城主がスタートする直前の20...

冬のソナタ

冬ソナ2キャストにヨン様・ジウ姫が出演確定か―放送はKBS局、クランクインは2015年内目標

ペ・ヨンジュンの結婚が冬ソナ2のキャストに影響!? 女優パク・スジンとの婚約をしたばかりのペ・ヨンジュン。 この結婚発表で、2015年4月に制作開始が発表されたばかりの『冬のソナタ2』のキャステイングが、早くも暗礁に乗り上げるのではと、一部韓国メディアが伝えている。 『冬ソナ』の制作会社、PANエンターテインメントの発...

竹鶴政孝さんとリタさん

朝ドラ『マッサン』モデル・竹鶴政孝とリタの生涯と揺るぎない夫婦の絆とは

マッサンとリタ、揺るぎない夫婦の絆はいかにして生まれたか 1920(大正9)年、まだ国際結婚が診しかった時代に、英国で恋に落ちて、結ばれた竹鶴政孝とリタ。 2014年9月末に始まった朝ドラでは“亀山政春とエリーの人情喜劇”として描かれているが、実際の2人の喜らしは苦労が絶えなかったという。 病弱な体を押して海を渡り「日...

竹鶴政孝さんとリタさん

『マッサン』ネタバレ!NHK関係者が明かす史実とドラマの相違点

ヒロイン達が実際に歩んだ歴史から見る『マッサン』! 2014年9月29日に始まったNHKの朝ドラ『マッサン』が早くも人気を呼んでいる。 初回の視聴率は関東で21.8%、関西では19.8%を記録しており、これはここ10年では最高のスタートだ。 ドラマは国産初のウイスキー製造に挑んだ竹鶴政孝とその妻であるリタをモデルに夫婦...

マッサン

シャーロット・ケイト・フォックスと玉山鉄二が語る『マッサン』の感想と朝ドラへの想い

朝ドラ史上初!純外国人のヒロインの物語 国産初のウイスキーづくりに情熱を燃やす亀山政春(マッサン)と英スコットランド出身の妻・エリーが主人公の朝ドラ「マッサン」。 酒造メーカー創業者の竹鶴政孝・リタ夫妻の実話をモデルに、「国際結婚カップル」の波乱に満ちた愛情物語が楽しめる。マッサン&エリーは、早くも息がぴったりだそう。...

聖女

『聖女』広末涼子34歳の“スゴさ”を後藤Pが明かす―演技を超えた「基子」としての存在感

ジワジワと評判が広がる『聖女』 あの広末が初の悪女役!?と話題を呼んでいるラブ・サスペンス『聖女』が、まもなく大きな展開を迎える。 視聴率も初回こそ関東地区で6.0%であったが、その後7%台と右肩上がりと好調に推移。 30代、40代の大人の女性を中心に支持を広げ、口コミによってジワジワと評判が広げている注目のドラマだ。...

昼顔

昼顔最終回予想!三竿プロデューサーが明かす紗和と利佳子のポリシーとは

いよいよクライマックス! 昼顔最終回はど~なる!? 平日昼間に夫以外の男性と恋をする主婦“昼顔妻”のドラマに全国のママたちが夢中になっているという。 いよいよクライマックスを迎えるドラマ『昼顔』の展開、結末をプロデューサーが明かす! ドラマの評判は当然“賛否両論” 2014年9月4日に放送された第八話では、平均視聴率1...

Return Top