天気痛

天気痛とは?改善・対策方法&天気痛チェックリスト

その症状、天気痛かも!? 雨が降ると、昔ケガをした関節が痛む…。 天気が悪くなる前に頭痛がして家事や仕事が手につかない…。 季節の変わり目になるとめまいがしたりだるくなったりする…。 実はこれ、すべて天気のせいかもしれない。 “雨が降ると古傷が痛む”は迷信ではなかったのだ。 今回は、「天気痛」と呼ばれる体の不調の正体と...

脳梗塞

脳梗塞の前兆・症状・原因―脳梗塞になりやすい人チェックリスト

すぐそこにある脳梗塞… 日本人の死因ランキング4位である脳卒中。 日本人の死因ランキング 平成27年 1位 悪性新生物(ガン) 370,346人 2位 心疾患 196,113人 3位 肺炎 120,953人 4位 脳血管疾患(脳卒中) 111,973円 そのうち脳梗塞が64,523人(約6割) 男性 30,070人 女...

歯を白くしたい!強くて白い歯を生み出す「ポリリン酸」驚異のパワーとは

歯を白くしたい!強くて白い歯を生み出す「ポリリン酸」驚異のパワーとは

白くて強い歯を手に入れるには 「白く輝く歯」は紳士淑女の身だしなみ。 欧米では歯が汚いだけで人間性を疑われるのだとか。 初対面の相手のどこを最初に見るか?というアンケートでは、 1位「目元(45.2%)」 2位「口元・歯(44.2%)」 3位は「髪(8.4%)」 と、目元とほぼ同じ割合で見られている事がわかっている。 ...

知り合いにガンと言われたときの上手な対応

友人・知人から癌だと告白された場合の正しい対応

目の前の人に「わたし癌なんです」と言われたら がんは日本人の死因第一位。 2人に1人はがんで最期を迎えると言われるほど身近な病気なのだ。 しかし、もし友人や同僚から「実は癌なんです」と告白されたら、報告された側も動揺を隠せない。 聞いた直後は「何か言わなくちゃ」「励まさなきゃ」と思ってしまいがちだ。 しかし、まずは相手...

インフルエンザ2015年の予防に緑茶カテキンが効く!

2015年のインフルエンザ流行を阻止―緑茶カテキンのインフルエンザ予防効果がついに実証

2015年のインフルエンザ予防に緑茶カテキンが効く理由 冬も本番となり、気をつけたいのが毎年流行するインフルエンザ。 日常生活の中で簡単にできるインフルエンザ予防として、現在“緑茶”が注目されている。 無糖でカロリーゼロ、どこでも飲める緑茶が2015年のインフルエンザ予防に非常に効くという。 今回は、インフルエンザ予防...

2015年インフルエンザに最も効く予防法は“ガセリ菌SP株”

インフルエンザ2015年の予防に効く乳酸菌“ガセリ菌SP株”のパワーとは

2015年インフルエンザに最も効く予防法は“乳酸菌”だった! ジョギングやウォーキング愛好家の間で、最新のインフルエンザ予防対策として、密かな人気になっている“乳酸菌”があるという。 中でも免疲力強化が期待できる乳酸菌として「ガセリ菌SP株」が注目されているのだ。 今回は、冬本番も間近、2015年のインフルエンザ対策に...

マダニウイルスSFTSの予防対策と治療法―致死率30%・ワクチン無し凶悪ウイルス

マダニウイルスSFTSの予防対策と治療法―致死率30%・ワクチン無し凶悪ウイルス

致死率30%の“マダニウイルス”SFTSが西日本に蔓延中 デング熱よりも致死率の高い恐ろしいウイルスが、西日本に蔓延しつつあるのをご存知だろうか。 タカサゴキララマダニとフタトゲチマダニという、2種類のダニを媒介とするウイルス、SFTS(Sever fever with thrombocytopenia syndrom...

デングウイルス

デング熱沖縄上陸最悪のシナリオ―デングウイルス越冬で爆発感染

ついに100人を超えた国内感染者 東京・代々木公園を発生地としたデング熱。 都庁は蚊の駆除対策に必死だが、新宿中央公園や、外濠(そとぼり)公園(千代田区)など感染地とみられる場所も増え、2014年9月9日には千葉市稲毛区で蚊に刺されたとみられる60代の男性の感染が確認された。 2014年9月9日までの感染者数は86人だ...

デング熱

デング熱の症状・致死率は?70年ぶりの国内感染はどのように起こったのか

デング熱の症状・致死率は? 2014年9月5日までにデング熱に感染した可能性が高いとみられている患者が12の都道府県であわせて67人に増えた。 代々木公園と隣接している明治神宮や、東京・新宿区の新宿中央公園でもデング熱に感染した患者が発生したことから、都内を中心に拡大が懸念されている。 代々木公園では蚊の駆除作業が行わ...

シャーガス病はサシガメでなくアサイージュースでも感染する! 症状・予防策は?

シャーガス病はサシガメでなくアサイージュースでも感染する! 症状・予防策は?

日本在住で中南米出身の40代の男性が、2013年6月に献血した際の血液の検査でシャーガス病に感染していることが判明した事件をご存知だろうか。 この献血により採取された血液が数人の患者に輸血されていることも報じられ、大きな話題になった。 尚、日本赤十字社は、輸血された患者の追跡調査結果の結果、全員が検査陰性であり、シャー...

Return Top