脳梗塞

脳梗塞の前兆・症状・原因―脳梗塞になりやすい人チェックリスト

すぐそこにある脳梗塞… 日本人の死因ランキング4位である脳卒中。 日本人の死因ランキング 平成27年 1位 悪性新生物(ガン) 370,346人 2位 心疾患 196,113人 3位 肺炎 120,953人 4位 脳血管疾患(脳卒中) 111,973円 そのうち脳梗塞が64,523人(約6割) 男性 30,070人 女...

免疫力

免疫力を高める方法―腸内環境と体温を上手にコントロールするには

ポイントは腸内環境と体温 季節の変わり目のたびに何故か毎回風邪をひいてしまう… 季節の変わり目は、激しい気温のアップダウンで、風邪をひきやすい。 風邪が流行するのは冬ばかりではない。 春はアデノウイルス、夏はエンテロウイルスなど、日本には四季折々に流行する風邪があるのだ。 あなたが季節の移り変わりにたいてい風邪をひいて...

野田聖子の子供・真輝くんの現在―右半身マヒ障害から3歳半で歩けるまでに回復!

野田聖子の子供・真輝くんの現在―右半身マヒ障害から3歳半で歩けるまでに回復!

野田聖子の息子・真輝くんの現在は 野田聖子議員が2011年1月6日、50歳で長男・真輝くんを出産し、4年の月日が経った。 臍帯(さいたい)ヘルニア・心臓疾患・食道閉鎖症など多くの病と戦ってきた、息子・真輝くんの現在について、野田聖子議員が週刊誌の取材に答えている。 真輝くんは3歳半で自力で歩けるようになっていた 「真輝...

インフルエンザ2015年の予防に緑茶カテキンが効く!

2015年のインフルエンザ流行を阻止―緑茶カテキンのインフルエンザ予防効果がついに実証

2015年のインフルエンザ予防に緑茶カテキンが効く理由 冬も本番となり、気をつけたいのが毎年流行するインフルエンザ。 日常生活の中で簡単にできるインフルエンザ予防として、現在“緑茶”が注目されている。 無糖でカロリーゼロ、どこでも飲める緑茶が2015年のインフルエンザ予防に非常に効くという。 今回は、インフルエンザ予防...

2015年インフルエンザに最も効く予防法は“ガセリ菌SP株”

インフルエンザ2015年の予防に効く乳酸菌“ガセリ菌SP株”のパワーとは

2015年インフルエンザに最も効く予防法は“乳酸菌”だった! ジョギングやウォーキング愛好家の間で、最新のインフルエンザ予防対策として、密かな人気になっている“乳酸菌”があるという。 中でも免疲力強化が期待できる乳酸菌として「ガセリ菌SP株」が注目されているのだ。 今回は、冬本番も間近、2015年のインフルエンザ対策に...

デング熱

デング熱の症状・致死率は?70年ぶりの国内感染はどのように起こったのか

デング熱の症状・致死率は? 2014年9月5日までにデング熱に感染した可能性が高いとみられている患者が12の都道府県であわせて67人に増えた。 代々木公園と隣接している明治神宮や、東京・新宿区の新宿中央公園でもデング熱に感染した患者が発生したことから、都内を中心に拡大が懸念されている。 代々木公園では蚊の駆除作業が行わ...

アイスバケツチャレンジ

ALS氷水アイスバケツチャレンジ日本人動画リンクまとめ(随時更新)

日本でも物凄い勢いで広まるアイスバケツチャレンジ 日本の著名人・企業社長らによるアイスバケツチャレンジが2014年8月以降、ものすごい勢いで拡散しつつある。 ここでは日本の著名人、有名人、企業の社長らによるアイスバケツチャレンジ動画を一覧にまとめた。 基本的には水を頭から被った動画をYouTubeやFacebook、イ...

イモトアヤコ

イモト激太りの理由はエベレスト登頂に向けた歯の治療だった!【画像あり】

イモトの激太りの理由はエベレスト登山に備えた「歯の治療」 2014年3月30日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でイモトアヤコが出演し、イモトが激太りしていると話題になっている。 本人も「顔パンパン」をツイート 今日から海外ロケ出発でございます!の前にトレーニング!あと一ヶ月出来るだけのことをしたいと思...

林葉直子

林葉直子の肝硬変の原因は?アルコールに溺れた壮絶な人生と新たな決意とは

林葉直子は重度の肝硬変とどう向き合っているか 稀代の女性棋士として登場し、小説家やタレントへの転身、不倫騒動や整形、豊胸手術、ヘアヌード。 華やかなスキャンダルで常に世間を騒がせてきた林葉直子が辿り着いた今の姿。 “治る見込みの無い”重度の肝硬変を患い、死を間近に感じながらも生き続ける彼女の新たな決意に迫った。 201...

シャーガス病はサシガメでなくアサイージュースでも感染する! 症状・予防策は?

シャーガス病はサシガメでなくアサイージュースでも感染する! 症状・予防策は?

日本在住で中南米出身の40代の男性が、2013年6月に献血した際の血液の検査でシャーガス病に感染していることが判明した事件をご存知だろうか。 この献血により採取された血液が数人の患者に輸血されていることも報じられ、大きな話題になった。 尚、日本赤十字社は、輸血された患者の追跡調査結果の結果、全員が検査陰性であり、シャー...

Return Top